« May 2014 | Main | July 2014 »

2014.06.30

我が家のエコ

我が家では「エコ」の取り組みのひとつとして、お花や野菜の水やりのため雨水の貯水タンクを設置してみました。兄から樹脂製のドラム缶や古い水道蛇口を譲り受け、日曜大工センターで樋の分岐継ぎ手を購入、エアコン買い換え時に残しておいた配管廃材など、あり合わせを利用しました。一昨日夜半の雨で早くも満水になりました。早速使ってみましたが、水圧が低くて蛇口を開いても水の勢いは弱くて少し手間取ります。でも市水を使わず、川からの汲み上げのしんどさからも解放されまずまずのできです。ポリ容器をたこ糸でぶら下げ、戸車を使って水位計も取り付けました。

Utank_0195

Utank_0197

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.06.29

今日もまたオオバナミズキンバイと格闘

今日もまたオオバナミズキンバイと格闘しながら駆除作業をしました。今回はNPO法人「豊穣の郷」が中心となり、多くの団体が集まってくださいました。滋賀銀行さま・セキスイさま・大学生など300名もの駆除大作戦でした。私は個人での飛び込み参加でしたが、近くの多くの同級生もいて楽しかったです。でも300人とはいえ、オオバナミズキンバイのその繁殖の多さには焼け石に水のようでした。守山市長も忙しい中、先頭になって頑張ってくれました。これからも琵琶湖の環境改善の力に少しでもなればできるだけ参加したいと思います。

Hojo_1712

Hojo_1713

Hojo_1704

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.06.22

オオバナミズキンバイ駆除作業

先ごろボランティアグループの仲間たち数名とともに、琵琶湖赤野井湾で侵略的外来水生植物「オオバナミズキンバイ」の駆除(除去)作業を行いました。他の琵琶湖固有の植物を駆逐し、爆発的に増殖を続けています。 環境省の専門家会合では、この水草「オオバナミズキンバイ」を、特定外来生物として新たに指定することで合意し、国としても輸入規制や防除などに力を入れることになりました。となりの草津のハスも赤野井湾側へ増殖を続けております。琵琶湖赤野井湾は、ブラックバスやブルーギルの増殖と共にオオバナミズキンバイの増殖でも悲鳴を上げており、6月29日にも多くのボランティアが駆除作業をする予定です。

Img_4210

Img_4215

Img_4234

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.06.15

美味しい守山メロン

先頃親しい知人に兄の栽培する守山メロンをお届けしました。「丹精こめて作られたメロン、味わっていただきます」と嬉しいお返事をいただきました。わが家へは兄から枯れて落ちたメロンと形が悪くて出荷できなかったメロンをいただきました。絵手紙クラブ「たんぽぽの会」へ持ち込んで絵手紙にしたためました。「ヘタでいい、ヘタがいい」を実践中です。クラブ終了後、あみだくじで当たった方にメロンをお持ち帰りいただきました。食べ頃はもう少し先です。きっと美味しいと思います。

Melon0613_0002

Melon0613_0001_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.06.08

幸せをよぶ 二題

久しぶりの山歩き、日野町竜王山から綿向山への山行に参加しました。雨模様の竜王山は蛭が多く、どこから入ってくるのかメンバーの帽子や首筋・スパッツの内側まで蛭がまとわりつき大騒ぎです。綿向山頂手前には「幸福ブナ」の木、風雪でトンネル状に変形した木をくぐると幸せになれるとのこと。そして下り5合目の小屋はずいぶん以前に行った時とは違って、とてもきれいになり表には「夢咲の鐘」が設置され、これもロープを引いて打ち鳴らせば幸せになれると・・・。

Watamuki_052_2

Watamuki_032

Watamuki_028

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.06.01

仰木の棚田

びわこ環境学科校外学習で、「里山の景観・棚田の水循環システム」について学びました。成安造形大学近江学研究所大原先生のお話しがとても楽しく有意義でした。この仰木地区の景観は長く人々の知恵で、共有林や棚田の取水、鎮守の森・神社の祭礼などが守られてきました。私たちの地では見かけなくなったトノサマガエルを見つけました。やはり近年は開発や圃場整備により地域の個性が失われつつあるようでちょっと心配です。

Ohgi_1593

Ohgi_1598

Ohgi_1589

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2014 | Main | July 2014 »