« July 2008 | Main | September 2008 »

2008.08.30

木屋町夕景と納涼床

昨日、気のおけない仲間たちと鴨川の納涼床で宴席を持ち
ました。あいにく始まりの時刻には雨粒がポツリ、ポツリ。
しばし部屋の中で歓談しているうちに、雨も上がり床に席
が用意できました。やおら飲みかけのビアグラスを手に持
って床へ移動しました。隣の床では雨の間も濡れながら呑
み続けているグループもいました。京の風情を満喫できて
とても嬉しいひとときでした。
納涼床の前に少しだけ木屋町を散歩してみました。行き交
う人やお茶を楽しむ人、店先や路地の何気ない風景が私の
気持ちを捕らえました。雨模様の町並み、傘をさして歩く
のがこんなに楽しいとは思いませんでした。

Toukichi0079

Toukichi0084

Takasegawa0070

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2008.08.24

季節の移ろい

先日までの暑さもどこへやら。今日は爽やかなそよ風が吹く中バイクで湖岸を気持ちよく走りました。自宅を出てしばらくするとバイクのケーブルにイナゴが便乗していました。すぐに飛んで逃げると思いきや、いつまでもくっついたまま離れません。途中からはケーブルを上りハンドル上部のランプのところにおさまって草津琵琶湖博物館まで一緒にツーリングでした。顔を眺めていると猫のように前足で眼や顔をなで回していました。こんな仕草をするのを初めて見ました。とても可愛かったです。

Inago_0025

Inaggo_0043

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.13

セピア色の想い出No.5「氷点」

この季節、私には学生時代の特別の想い出があります。級友と8月下旬から17日間ユースホステルに泊まりながら北海道を旅しました。その折の旭川、朝日新聞の連載で読んだ「氷点」の作者三浦綾子さんにどうしてもお会いしたくて、失礼を顧みずいきなりお家を探しお訪ねしました。その夜宿泊したサッポロ宮ヶ丘ユースホステルで、氷点が大好きだった母親宛に北海道から葉書を送りました。あいにくお会いできなかった三浦綾子様から後日感激のお便りが届きました。ちなみに、その母は名付け親として孫に主人公の少女の名前を付けたのでした。

A_miura_p1_4

P_hokkaido0_2

Asahikawa03

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2008.08.09

手塚治虫ワールドで「KITARO×ATOM」

京都駅では今日から手塚プロダクションと水木プロダクションのコラボレーション企画が展示されていました。「KITARO×ATOM」コラボレーショングッズの販売が行なわれていて、Tシャツやハンカチ、キーホルダー、ストラップなど。私も一つだけ買ってみました。レシートに可愛いアトムが。こんな小さなことでも得した気分で嬉しくなりました。

Atom1_2

Atom2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.08.03

ハスの花と風車

バイクで草津の風車まで走りました。ハスの花は朝方に開き、私が行った午後遅い時間には花は閉じているのが多いようです。そして西日を受けた風車の陰がハスの花に覆い被さっていました。広いハスの花畑は人々に癒しを与えてくれるようです。

Hasufusha_0146

Hasufusha_0149_2

Hasufusha_0158_2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »